合宿免許に必要な料金

合宿免許は、ドライビングスクールがあらかじめ用意した宿舎やホテルなどに泊まりこむことによって、自宅からの通学などよりも効率的に、最短の期間で運転免許証の取得をめざすためのプログラムです。
ツアー旅行などと同様に、この合宿免許についても、すべての必要なものがパッケージ化された料金となっていますので、ひじょうにわかりやすいということがいえます。



それでは合宿免許の料金にはどのようなものが含まれるかについてですが、基本的には教習代金、受験料や手数料、宿泊費や食費、交通費などがあるというのが通例です。



教習代金は、教官について学科教習や技能教習を受けるための費用で、人件費やドライビングスクールの施設整設備の維持管理費などが主なものといえますが、合宿免許の場合、通学とは違って、この部分の金額はかなり割引がされている場合が多いといえます。
また、受験料や手数料というのは、教習が一定の段階を迎えたあとで行われる仮免許試験や卒業検定などの費用と考えればよく、この部分については、一発合格できなかった場合には、例外的に追加で料金がかかることもあり得ます。



宿泊費や食費は、宿泊施設に宿泊する代金や提供される食事の代金ですが、ホテルか寄宿舎かといったグレードの違い、繁忙期かどうかという時期の違いによって、価格が変動するものといえます。

交通費は、往復のための公共交通機関の料金ということになりますが、多くの場合、この交通費についてはドライビングスクールの負担となっていますので、いったん受講生が立て替えをしたあとで、払い戻しを受けられることになります。